つれづれ情報

徒然なるまま日常の気になる情報をいろんな切り口で届けます

エアコンの風除けを自作する!空調課長もびっくり!

   

エアコンの風除け自作

毎日暑い日が続いていますね。もうすぐエアコンが活躍する夏がやって来ます。

熱中症対策の為にもエアコンは必要不可欠ですよね。

でもエアコンの風って直接当たると結構冷えすぎたりするものです。

そんなエアコンの風除けを自作できたら嬉しくないですか?

「自分で作ったら、少ない費用で出来そうで嬉しい」
「自分で作るって言っても、どうやって作ればいいの?」

そう思っている方もみえるかと思います。

そこで今回はエアコンの風除けを自作する!空調課長もびっくり!について書いていきます。

他にもお金を出して買うならコレ!というオススメ商品も紹介しますね。

真夏になる前の今だからこそ、この記事を読んで参考にされてみて下さい。

スポンサーリンク

エアコンに直接当たると!

今のエアコンは風の向きを変えられたりスウィングさせたり、性能が良いですよね。

それでもエアコンの真下に長時間居ると、体に直接冷風が当たる事になります。

多くの方は経験したことがあるかと思いますが、直接冷風が当たると体は結構冷えるものです。

私も以前の職場で自分の席がエアコンの真下にあり、席を変わることも出来ず1枚羽織ったりして調整していました。

エアコンの風に直接当たり体が冷えすぎると体に様々な不調がみられるようになります。

いくつかご紹介しますね。

  • 肩こりや腰痛
  • むくみ
  • 体のだるさ
  • 風邪などの諸症状
  • 下痢や便秘

個人差はありますが一般的な症状だけでもこんなにあるのです。

症状に心当たりのある方もみえるかと思います。

エアコンの風に直接当たるのは避けたいですね。

 

エアコンの風除けを自作するには

エアコンの風除けをインターネットで検索してみると、たくさんの商品が見つかります。

吹き出し口にカバーやファンを取り付けるものもあり、価格帯もピンキリです。

しかしなるべく費用をかけず、風除けを設置したい方には自作がオススメです。

今回は100均の材料だけで誰でも作れる風除けの作り方をご紹介しますね。

用意するもの

スポンサーリンク
  • プラスチック段
  • ボール(エアコンの横幅くらいの長さが必要)
  • ポップホルダー(クリップ)
  • 梱包用粘着テープ
  • カッター
  • 定規
  1. プラスチック段ボールに横幅は吹き出し口の長さ、縦は10cmの長方形の印を付ける。
  2. 印に合わせてカッターで切断する。
  3. 縦10cmを7cm:3cmで分けるようにカッターを軽く当て一本線を入れる。
  4. この時、切断してしまわないよう注意して下さい。
  5. カバーを手で折り曲げると、L字のようになる。
  6. L字の内側にテープを貼り、風で曲がらないよう補強する。
  7. ポップホルダー同士のジョイント部を合わせ、テープでくっつける。
    こちらも風で曲がらないようしっかり補強し、3個以上作る。
  8. L字カバーの3cmの方に作ったクリップを均等に付け、反対側のクリップをエアコンの吹き出し口に取り付ける。

以上でエアコンの風除けの完成です。

作る手間は掛かりますが、500円前後の費用で作ることが出来ます。

 

お金を出して買うなら空調課長!

自作するよりもお金を出して買う方が良いという方には“空調課長”という商品をオススメします。

この空調課長は天井に埋め込まれている空調機専用なので主に職場などで使われる方が多いです。

 

空調課長の特徴として工事不要で誰でも簡単に取り付け可能なことが挙げられます。

他にも商品が透明なので目立ちにくく、1セットで2個入り定価950円という低コストで買えるため2015年の発売以来人気が高まっている商品なのです。

ちなみに暖房でも使用可能なので1年中、付けっぱなしでOKなのです。

 

まとめ

さて、エアコンの風除けを自作する!空調課長もびっくり!について書きました。いくつかポイントがありましたので確認してみましょう。

  • エアコンの風に直接当たり体が冷えすぎると、肩こりや腰痛、むくみ、体のだるさ、風邪などの諸症状、下痢や便秘など体に様々な不調がみられる。
  • 作る手間は掛かりますが、100均の材料を使い500円前後の費用で風除けを自作できる。
  • 空調課長は天井に埋め込まれている空調機専用の風除け。
  • 空調課長は工事不要で誰でも簡単に取り付けが可能。
  • 商品が透明なので目立ちにくく、1セットで2個入り定価950円という低コストで買えるため2015年の発売以来人気が高まっている。

いかがでしたか?

これからの季節、エアコンの風に直接当たり体調不良になるのは避けたいですよね。この記事を参考にして、エアコンによる体調不良を避けて楽しい夏をお過ごしください。

スポンサーリンク

 - 豆知識・雑学