つれづれ情報

徒然なるまま日常の気になる情報をいろんな切り口で届けます

太ももの凝りをほぐすための運動やストレッチ

      2017/05/12

太ももの凝りをほぐす

太ももって意外と凝りますよね。一日の終わりに足がダルイなんて経験ありませんか?私も立ち仕事を続けていた時は、太ももの凝りに悩んでいました。また、太ももの凝りは血行不良でも起こるので、デスクワークなど座りっぱなしの姿勢でも起こるのです。

そんな太ももの凝りに効果的なのが運動やストレッチだと言われています。

「夜になると毎日、太ももがパンパンで疲れがとれない!」
「ダイエットも兼ねて太ももの凝りをほぐすストレッチ方法が知りたい!」

そう思っている方もみえるかと思います。

そこで今回は、太ももの凝りをほぐすための運動やストレッチについて書いていきます。他にも運動やストレッチで使う便利なアイテムについても書いていきますね。

太ももの凝りで悩んでいる方はこの記事を読んで、参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

効果的な運動やストレッチ

では早速、効果的なストレッチ方法を紹介していきます。太もものパーツ別に分けて紹介していきますので、凝っているパーツを中心に試してみて下さいね。

太もも外側に効くストレッチ

まず体の右側が下になるように横に寝ころびます。

次に左足を膝から後ろに曲げて足首を左手でつかみ30秒キープします。この時、太ももの外側が伸びて気持ちいいくらいの力加減がベストです。

終わったら逆向きに寝転がり、同じように右手で右足首をつかみこちらも30秒キープしましょう。また、このストレッチは立ったままでも行えるので仕事の休憩時間など場所を選ばす実践できます。

立って行う場合は壁などを使って転倒しないよう注意しましょう。

太もも内側に効くストレッチ

まずお尻を床につけて座り足をまっすぐ前に伸ばします。そのまま痛気持ちいい所まで開脚していきましょう。

スポンサーリンク

開脚したらゆっくり上半身を前に倒していき、その姿勢を30秒キープします。内ももに効いてくるのが分かると思います。

このストレッチは急に無理をすると体を痛めるので加減して行って下さい。

太もも裏側に効くストレッチ

まず床に正座をし、お尻の後ろ側に両手をついて体を支えます。そのままゆっくりと体を後ろに反らしていきます。太ももの裏側が痛気持ちいい所まで体を反らしたら30秒キープします。最後にゆっくり元の姿勢に戻していきましょう。

 

あると便利なアイテム

さてここではあると便利なアイテムを紹介していきます。アイテムを使うと効率良くストレッチができるので初心者の方にもオススメです。

テニスボール

ストレッチにテニスボール?なんて思いますよね?実はテニスボールはストレッチやマッサージにちょうど良い硬さなんです。またテニスボールを持っていない方は100均でも売っているのですぐ手に入るかと思います。

使い方は椅子に座って太ももの下にテニスボールを入れ、左右前後に重心を動かすだけです。テニスボールが太ももの凝りをほぐしてくれます。また寝ころんだ姿勢でも使えるので自分の凝っている場所に使ってみて下さい。

ストレッチポール

もう少し本格的にストレッチしたい方にオススメなのがストレッチポールです。

ストレッチポールとは円柱型のポールで長さや直径が数種類あり、自分に合ったサイズを選ぶことができます。使い方は凝っている場所の下に入れてコロコロ重心を使って動かしていきます。

テニスボールとの違いは、ストレッチポールはかなり大きいので凝りをほぐしながら全身のストレッチにも使える事です。

また価格は¥2000前後と少し高めです。

 

さいごに

 

ストレッチは毎日続けることに意味があります。

急に無理をすると体を痛める場合もあるので、無理をせず少しずつ行いましょう。

またストレッチを続ける事で血行も良くなり、太ももが凝りにくくなるので毎日続けることをオススメします。

スポンサーリンク

 - 太もものこり