つれづれ情報

徒然なるまま日常の気になる情報をいろんな切り口で届けます

吃音(どもり)に効果的な治療とは?

      2016/05/29

吃音(どもり)の治療

“吃音(どもり)”という言葉を知っていますか?初めて耳にする方もいるかもしれませんね。吃音とは別名を吃音症(きつおんしょう)と言い、言葉が円滑に話せないコミュニケーション障害です。

私の知人にも吃音のある方がいます。吃音はあまり世間では知られていませんが、決して珍しくない症状なのです。今回はそんな吃音について、また効果的な治療法や気になる費用について記事を書いていきます。

 

吃音とは?

スポンサーリンク

先ほども少し書きましたが、吃音とは言葉が思い通りに出ず話しにくさを特徴とする症状です。頭では言いたい言葉が分かっているのに言葉にして話すのが困難です。また言葉にする事が難しいため顔が引きつってしまったり、時には無意識に手足や体が動いてしまうこともあります。吃音は、一般的に大きく3つのタイプで分けることができます。

  1. 繰り返し型
  2. 引き伸ばし型
  3. ブロック型

それぞれの特徴について少し詳しくみていきましょう。

 

繰り返し型

繰り返し型とは最初の言葉が繰り返し出てしまう症状です。例えば「こんにちは」と言いたいのに「こ、こ、こんにちは」となります。

 

引き伸ばし型

引き伸ばし型とは言葉の一部を延ばして発声してしまう症状です。例えば「こんにちは」と言いたいのに「こーーんにちは」となります。

 

ブロック型

ブロック型とは最初の言葉で詰まってしまい、続きの言葉が出てこない症状です。例えば「こんにちは」と言いたいのに「こ・・、こ・・」となり発声が止まってしまいます。このように吃音と言っても症状は様々なのです。

 

吃音の治療にはどんなものがあるの?

吃音の治療を開始する前に、まずは自分の吃音の症状をよく理解することから始めましょう。症状を受け入れる事は辛いですが治療に繋がるとても大切な事なのです。吃音には様々な治療法があるので紹介しますね。

  1. 薬で治す
  2. 呼吸法で治す
  3. 発声トレーニングで治す

それぞれの特徴について詳しくみていきましょう。

 

薬で治す

吃音に効果のある薬はいくつか存在します。うつ病の薬と同じ物もあるので専門医とよく相談しましょう。薬の治療は主に心理的な不安から吃音症状が出る方に向いている傾向にあります。また薬によっては副作用があるので自分に合った薬を選びましょう。

 

呼吸法で治す

スポンサーリンク

吃音症状の方は呼吸が浅い胸式呼吸の方が多いと言われています。胸式呼吸は横隔膜を動かさず肋骨を広げる呼吸法です。この呼吸だと呼吸が浅いのでうまく発声されないなどの問題が出てきます。呼吸の仕方を胸式呼吸ではなく腹式呼吸に変えていきましょう。腹式呼吸は横隔膜を上下に動かす呼吸法でお腹が膨らむのが特徴です。腹式呼吸は深い呼吸ができるので発声しやすいのです。

 

発声トレーニングで治す

スムーズに言葉が話せるようトレーニングを行います。トレーニング方法にもいくつかタイプがあります。自分にあったトレーニング法を見つけて下さいね。

  • ことばの教室
  • 専門医のトレーニング
  • 教材やDVD、本などでトレーニング

 

ことば教室

吃音だけに限らず発音障害全般を指導してくれる教室です。主に小中学校に設置されており、心のケアもしてくれます。小さなお子様には合った環境なのかもしれませんね。

 

専門医のトレーニング

通う科にもよりますが専門医による心のケアや言語聴覚士による発声トレーニングを受けることができます。通院している方は相談してみるといいですね。

 

教材やDVD、本などでトレーニング

教材やDVD、本などを買って自宅でトレーニングする方法です。時間が限られず好きな時間にトレーニングできるのがいいですね。また人の目が気になる方にも自宅でできるのでオススメです。

 

吃音(どもり)に効果的な治療はあるの?

さまざまな治療法がありますがひとつ言えることは“短期間で治る”“これを実践すれば必ず治る”という治療法はありません。

吃音の治療は、心理、脳、コミュニケーション、体の使い方などを全体的にゆっくり治療することが治療の近道だと分かってきています。

自分にあった治療法を見つけ、無理をせずこつこつとトレーニングすることが効果的な治療だと言えます。

 

吃音の治療費はいくらくらい?

治療費ですがこれは治療方法によって違ってきます。一般の病院の耳鼻科や精神科、診療内科では保険適用の場合が多いので3割負担の治療費でしょう。しかし治療は長期間に渡るケースがあるので期間も考慮しておきましょう。また専門のクリニックや民間施設での治療は保険が適用されないケースが多いです。費用もクリニックによって様々で1時間2,000円程~1時間10,000円程と治療法によって変わってきます。他にも自宅でできるDVDや教材は20,000円前後の物が多いです。

 

さて吃音の効果的な治療について書きましたがいかがでしたか?吃音の症状は治療やトレーニングによって緩和されたり、症状がなくなる事もあります。自分に合った無理のない治療法を見つけ焦らず続けていきましょう。

スポンサーリンク

 - 吃音(どもり)