つれづれ情報

徒然なるまま日常の気になる情報をいろんな切り口で届けます

予約なしで行ける滋賀のイチゴ狩りっ!かがみの里へおこしやす!

   

毎年春ごろになるとイチゴ狩りに行きたくなりますよね^^。今年もこんなやりとりがありました。

「そろそろイチゴ狩りの季節やね」

「ほんまや!そろそろや」

「いっちゃう今日?イチゴ狩り」

「うん!いこいこ^^」

「んじゃちょっと調べて電話してみよ♪」

ピポパ・・・(電話かける音・・・古い?笑)

「もしもし、イチゴ狩りしたいんですけど今日って空いてます?

「すみません・・・もう予約でいっぱいなんです~」

gan

なんてこと、良くありますよね。笑

私なんてここ何年かは毎年こんな感じです。分かってるんですよ、早く予約すればいいだけじゃんって話なんてことは!でもいちご狩りって、突然行きたくなる気持ちもあるんですよ!

ってことでいろいろ調べてみたら
あったんです。

滋賀県の予約なしでいちご狩りができるところ!
しかも空いてる!

なぜ空いているかですって?
その理由はね

あまりネットで宣伝されていないから

なんです(笑)

なので、この記事を書いている段階では、まだ休日も比較的空いています^^。そして気になる値段は

30分食べ放題
1300円

とてもリーズナブルなお値段ですね。私も実際に行ってきたので、詳しく紹介していきましょう♪

受付は、道の駅「かがみの里」

まずかがみの里とは、アウトレットで有名な滋賀県の竜王町にある「道の駅」のことです。

かがみの里のホームページはこちらです。

このかがみの里で受付をするわけなのですが、実際にイチゴ狩りをする場所は3箇所あり、かがみの里からは少し離れています。受付でお金を払った後、自分でイチゴ狩りをする場所へ向かいます。

農園は以下の3つです。

  • イチゴのひさだ農園
  • 山中農園
  • 竜王いちご農園

3箇所いずれもかがみの里から車で5分程度の場所になります。私が実際に言ったのは「ひさだ農園」と言うところでした。ちなみに、土曜日の午前中に行きましたがほぼ貸切状態でした(笑)

 

ひさだ農園でイチゴ狩り

スポンサーリンク

誰もいないでしょ♪イチゴもたくさんあって、とっても楽しいですよ^^

イチゴ狩りはかがみの里

イチゴは上と下の2段になっていました♪

イチゴの品種

イチゴの品種は「章姫(あきひめ)」と「紅ほっぺ」です。もう採りたい放題でしたよ(笑)

章姫と紅ほっぺの違いは以下にまとめています。違いと言っても、私が感じた違いと、農家の人に直接聞いた違いをまとめたもんです(笑)食べ比べすると良く分かりますよ♪

■章姫

  • 少し縦長のフォルム
  • 重量感がある
  • 瑞々しく、とてもジューシー

 

■紅ほっぺ

  • 少し丸みのあるフォルム
  • 章姫よりは軽い
  • 濃厚な味

章姫と紅ほっぺ

左が紅ほっぺで右が章姫です。もし違っていたらゴメンナサイ(汗)

イチゴ狩りをさせてもらった農家の方のお話では、市場に出しているのはおおかた章姫だと言われていました。私の味覚、というか感覚では紅ほっぺの方が濃厚で美味しいと感じましたね^^

 

イチゴ狩りに適した服装は?

イチゴ狩りはビニールハウスの中で行うので、結構暑いです。なので、涼し目の格好で行くことをオススメします。そして今回イチゴ狩りをさせてもらった場所にはもうひとつ注意があります。

それはミツバチがいること。

受粉にミツバチの手を借りているらしく、ミツバチの巣箱も置いてあります。当然、イチゴ狩りをしている最中も普通に周りをミツバチが飛んでいます。

手で払おうとする素振りなどをすると、ミツバチが攻撃されたと思って襲ってくるそうですが、何もしなければ襲ってはこないそうです。

なるほど落ち着いて観ると、結構可愛いもんですよ♪

イチゴ狩りのミツバチ

ピンボケでスミマセン(笑)可愛いんですけど、ブーンブーンとすぐ近くを飛んでいると、とっさに払おうとしてしまうんですよね。私はびびりですので、体をのけぞりながらイチゴ狩りを楽しんでいました^^

みなさんも、今年のイチゴ狩りを是非楽しんで下さいね^^

スポンサーリンク

 - 関西