つれづれ情報

徒然なるまま日常の気になる情報をいろんな切り口で届けます

家電をまとめ買いして値引きしてもらうための交渉テクニック

      2016/05/09

家電をまとめ買いして値引きしてもらう

4月になり新しい生活がスタートしている方も多くいらっしゃると思います。そんな新しい生活に必要不可欠な物と言うと、やっぱり家電ではないでしょうか。

大学進学や新社会人の方、一人暮らしを始める方は、冷蔵庫や洗濯機、また電子レンジや掃除機などまとめ買いをされた方もいるのではないかと思います。新婚生活をはじめる際にも家電は必要になります。

今回は、家電量販店で販売員をしていた経験から、まとめ買いをしてなるべく値引きをしてもらうためのテクニックをお伝えします^^

 

販売員から見た値引きをしてあげたいお客さん!

家電量販店は沢山あります。当たり前ですが、まずは自分の足で家電量販店に行き商品を見ましょう。そこで見積もりを必ず取ることが大事です。それも一つではなく二つ以上は取ることをオススメします。

 

例えば、「こんな客は値引きをしてあげたい」と思うのは、何回も下見に来て見積りを取り、他店の方が安くても販売員の信頼で買ってくださるお客様です。殆どの販売員は、接客をする時にお客様の話を聞いてみる事から始めます。使う方の年齢や住む場所、部屋の間取りなど、それから商品を実際に見て回ります。

最近は、セット販売で値段を抑えている商品も多いです。配置する場所によってはセット販売されている商品のなかには配置する場所に入らない場合等もあるので必ずサイズ確認はしましょう。

またセット販売されている商品には使わない物もあるかもしれません。そんな時は必要最低限の物を購入する事をオススメします。

なかには洗濯機、冷蔵庫、掃除機、電子レンジのセット販売をしている家電量販店もあります。これにテレビやレコーダーなど自分が毎日使用するものをプラスしていく事が出来ます。

 

販売員から見た値引きをしたくない客!

販売員も接客のプロとはいえひとりの人間です。時には腹が立つこともあります。時にはね。当然「こんな客は値引きをしたくない!」なんてこともあります。

スポンサーリンク

実際にあった話ですが、炊飯器を大量に現金購入された方がいました。しかも、ポイントも付けて値引きもしてほしいと言われたことも多々ありました。

まぁ気持ちは分からんでもないですが・・・

ちょっとそこまで言うのはいかがなもんかと思います。あんまり押されると押し返したくなるもんですね。笑

 

少し箱が潰れていたり、少し傷が入って入るものはなかなか売れないのが現実で少しでも値引きをして販売することはありますが、さらなる値引きを求められる場合も少なからずあります。

安易な値引き交渉はせずこの後に音楽プレーヤー等の小物商品をポイントで購入することを考えてみてはいかがでしょうか!そんな些細な行動が販売員の心を掴むもんですよ。

 

値引きしてもらえる可能性をグッと上げる方法

更に、「こうすると値引きしてもらえる可能性が高い!」なんて言うお得な話です!

一番は、店員さんと仲良くなることです。仲良くなることでいろいろな情報を得ることができます。また他家電量販店のチラシを持って行くと値引きをしてもらえる可能性が高くなります。

あとは、通電されていない展示品です!とくに、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなどシロモノ家電は、メーカーさんの商品入れ替え時期に購入する事をオススメします。

AVオーディオ家電は展示品の購入はオススメしませんが、未開封出戻り在庫などあるかもしれないので、確認して見ることをオススメします。もちろん、ポイントカードやクレジットカードなどを作ってDMなどでお得な情報を得ることも大切です。

まとめ買いをするとメリットとして沢山のポイントが付与されます。ポイントは後に購入する商品がポイントで購入出来たり値引きへとつながります。

これから新婚生活を考えている方は、ブライダルフェアでのまとめ買いをする際に、まとめ買い値引きなど特典があるかないかと言う事を事前に確認をしてから見積もり、購入することをオススメします。

 

最後にまとめ

最後に家電のまとめ買いをする時は、必ず事前調査をして見積もりを取ることする。

値引き交渉は、沢山の家電量販店に足を運び自分の納得いく店員さんからいかに欲しい商品の情報を多く得ることが出来るかと言うことと、いかにポイント等、どれだけ自分にメリットがあるかということを考えて購入することが最大のテクニックではないかと思います。

さぁ、家電はまとめ買いをしてたくさん値引きしてもらいましょう♪

スポンサーリンク

 - 生活