つれづれ情報

徒然なるまま日常の気になる情報をいろんな切り口で届けます

ビールの賞味期限切れを飲んじゃいました!他に使い道はあった?

   

ビールの賞味期限切れ

冷蔵庫の中に入れておいたビール、気付いたら賞味期限切れ!という経験はありませんか?これは家であまりビールを飲まない人にありがちな光景ですね。

実は私も家ではお酒を飲まないので、頂き物のお酒を冷蔵庫に入れて忘れてしまうという経験は何度もあります。賞味期限切れのビールって飲んでも大丈夫なのでしょうか?

どのくらいの賞味期限切れなら飲んでも平気なの?
賞味期限切れはちょっと飲みたくない。他に使い道って無いの?

そう思っている方もみえるかと思います。

そこで今回は、ビールの賞味期限切れを飲んじゃいました!他に使い道はあった?について書いていきます。冷蔵庫の中に賞味期限切れのビールが入っていた経験のある方、この記事を読んで参考にされてみて下さいね。

スポンサーリンク

ビールの賞味期限はどのくらい?

ビールの賞味期限はそれぞれのメーカーにもよっても若干違いがありますが、だいたい9ヶ月間くらいと設定されています。

缶ビールは缶の底に、瓶ビールはラベルに記載されているので一目で分かるかと思います。

 

そもそも賞味期限とは美味しく飲める目安の期間です。消費期限は劣化が早いのでしっかり期限を守ったほうが良いですが、賞味期限はそれほどシビアになる必要はありません。

もちろん賞味期限内で早めに飲むほど、味や風味は良く美味しく頂けると思いますよ。

 

賞味期限切れのビールは飲める?

賞味期限が9ヶ月間のビール、9ヶ月は長いのでその間に飲めてしまいそうですよね。しかし存在自体を忘れていると9ヶ月なんて、あっという間なのです。ついうっかりビールの賞味期限を切らしてしまう!なんてよくある事だと思います。

 

そんな賞味期限切れのビールは飲めるのでしょうか?先ほども書きましたが賞味期限は美味しく飲める目安の期間なので、ハッキリ言って賞味期限が切れていても飲めます。

 

では一体どのくらい賞味期限が切れていても飲めるのでしょうか?

缶ビールは賞味期限から概ね6ヶ月以内、そして瓶ビールは賞味期限から概ね3ヶ月以内というような具合ですね。この期限内であれば賞味期限内のビールと大した差はなく飲めると言われています。

結構、過ぎても大丈夫なのですね。

スポンサーリンク

ちなみに缶ビールよりも瓶ビールの方が酸化は早いそうです。もちろん保存状態や季節によって変動するので誤差はあるかと思います。

それ以上過ぎてしまうと酸化が進んで酸味のある味になり、泡立ちもかなり悪くなるので飲むのは止めた方が良いでしょう。

 

賞味期限切れのビールの使い道

それでも賞味期限の切れたビールをそのまま飲む事に抵抗がある方もみえるかと思います。

そんな方には他の使い道を紹介しますね。

  1. 料理に使用する
  2. 植物に与える
  3. ビールシャンプーを作る

それぞれ詳しく見ていきましょう。

料理に使用する

ビールは意外と料理に活用できるのはご存知でしたか。

魚に少量ふりかけておけば独特の臭みがとれたり、肉にビールを漬け込んでおくと味にコクが出て肉自体も柔らかくなります。

後から火を通すので賞味期限切れのビールでもあまり気にならないかと思います。

 

植物に与える

ビール成分の発酵した糖分が植物の栄養になります。

また肥料で有名なリンやカリウムを豊富に含んでいる為、そのまま肥料の代わりにもなるのです。

 

ビールシャンプーを作る

“ビールシャンプー”はあまり馴染みのない言葉ですよね。実はビールに含まれるホップは髪に栄養を与え、キューティクルを整える効果があるのです。

ポイントは煮詰めたビールをシャンプーに混ぜること。ビールをそのままシャンプーに入れるのもありですが、一度ビールを煮詰め、それから混ぜて作るビールシャンプーの方が効果はあるのでオススメです。

 

おわりに

さて、ビールの賞味期限切れを飲んじゃいました!他に使い道はあった?について書きました。いくつかポイントがありましたので確認してみましょう。

  • ビールの賞味期限は9ヶ月間と設定されている
  • 賞味期限とは美味しく飲める目安の期間のこと
  • 缶ビールなら賞味期限からざっくり6ヶ月以内、瓶ビールなら賞味期限からざっくり3ヶ月以内だったら大した差はなく飲める
  • それ以上過ぎてしまうと酸化が進んで酸味のある味になり、泡立ちもかなり悪くなるので飲むのは止めた方が良いでしょう
  • 他には料理に使用したり、植物に与えたり、ビールシャンプーを作るなど様々な使い道がある

いかがでしたか?つい賞味期限を切らしてしまうビールですがある程度なら期限切れでも飲めることが分かりましたね。また他にも様々な使い道があるので余っているビールをぜひ活用してみて下さいね。

スポンサーリンク

 - 豆知識・雑学