つれづれ情報

徒然なるまま日常の気になる情報をいろんな切り口で届けます

沖縄の海も素敵だけど!世界の綺麗な海を紹介します!

      2017/05/12

世界の綺麗な海

白い砂浜、青い海。このコントラストは誰が見ても癒される光景ではないでしょうか。私も海は大好きです。泳ぐのも好きですが、ただ景色を眺めているだけの時間も結構好きだったりします。

日本にも綺麗な海はありますが、世界にはもっともっと綺麗な海が広がっているんです。

いつか旅行で訪れてみたい
海外はなかなか行けないけど、どんな海か知りたい

そんな風に思いますよね^^

今回は世界の綺麗な海を紹介します。息をのむほど美しい海ばかりです。これから旅行を考えている方、この記事を読んでお気に入りの場所を見つけてみて下さいね。

スポンサーリンク

ウィットサンデー諸島(オーストラリア)

ウィットサンデー諸島は、オーストラリアのグレートバリアリーフに浮かぶ74もの島々からできています。

その中でもハミルトン島は真っ白な砂浜が7㎞も続く“ホワイトヘブン・ビーチ”で有名なんです。色鮮やかな青い海とどこまでも続く真っ白な砂浜は見る者を魅了します。

所々、白い砂浜がマーブル模様になっており上空から見れば絶景が広がっています。

また、ハートの形をしたサンゴ礁“ハート型リーフ”も有名で世界各地からたくさんの観光客が訪れるほど人気の場所となっています。

レディエリオット島は世界一美しい珊瑚の海として有名ですね。あのファインディング・ニモの舞台となった島なんです。レディエリオット島に来たらダイビングは絶対はずせません。

ダイビングスポットは20ヶ所以上あり冬はザトウクジラの鳴き声を聞くことができ、マンタも間近でみることができますよ。大自然を間近で感じることができるオススメの場所です。

ウィットサンデー諸島の画像はこちら

ランペドゥーザ島(イタリア)

ランペドゥーザ島はイタリア最南端に位置し面積がたったの20.2㎞²、人口は約5500人程という小さな島です。

スポンサーリンク

しかし海の透明度がとても高く世界各地から多くの観光客が訪れる人気の島なんです。

どれほど透明度が高いのか気になりませんか?それは海に浮かぶヨットが空中に浮かんで見えるほど透明度が高いのです。実際、ヨットに乗り海面をのぞいても境界線が分からず浮いている感覚になるそうです。

ビーチの浅瀬も広いので海水浴も楽しめます。こんな透き通ったビーチ、日本では出会えません。

死ぬまでに一度、こんな綺麗な海に行ってみたいですね。

ランペドゥーザ島の画像はこちら

サントリーニ島(ギリシャ)

ここサントリーニ島は世界で一番夕日が美しい海として有名な場所です。昼間は青い空、青い海そしてギリシャの特徴でもある白い壁の街並みの絶景を楽しむことができます。

しかし魅力はそれだけではありません。夕方になると日が傾き、美しい夕日に反射して街がオレンジ色へと染まっていくのです。

夕日に反射した海と街のコントラストはとてもロマンチックです。昼間とは雰囲気がガラリと変わり、夜は大人の雰囲気なのでハネムーンにもオススメの場所です。

サントリーニ島の画像はこちら

まとめ

さて、世界の綺麗な海を紹介します!について書きました。もう一度ポイントをおさらいしてみましょう。

・ウィットサンデー諸島 ハミルトン島(オーストラリア)
青い海とマーブル模様の砂浜が絶景。ハート型リーフも有名です。

・レディエリオット島(オーストラリア)
ファインディング・ニモの舞台になった海で世界一珊瑚の美しい海。

・ランペドゥーザ島(イタリア)
ヨットが空中に浮かんで見える程、透明度の高い海。

・サントリーニ島(ギリシャ)
世界一夕日が美しい海で大人の雰囲気が味わえる場所。

お気に入りの海は見つかりましたか?これから旅行を考えている方、ぜひ一度訪れてみて下さいね。

今回は3ヶ所の海を紹介しましたが、世界にはまだまだ綺麗な海がたくさん広がっています。これからも更にお気に入りの海を探してみて下さいね。

スポンサーリンク

 - 九州・沖縄, 海外